【0円集客】Googleマイビジネス、やってる?グーグルマップや口コミ、店舗情の効果的な活用法も紹介

2020 7/20
【0円集客】Googleマイビジネス、やってる?グーグルマップや口コミ、店舗情の効果的な活用法も紹介

早速ですが皆さんは“Googleマイビジネス”ってご存知ですか?

インターネットで何かを検索するときに、ほとんどの人は「Yahoo!(ヤフー)」か「Google(グーグル)」を利用すると思いますが、そのGoogleが提供するローカルビジネス宣伝サービスが、Googleマイビジネスです。すごくザックリ言うと。

Googleマイビジネスのメリットは大きく、デメリットはないと言っても過言ではありません。向いていない人を挙げるとすれば、「自分たちの商売を勝手にクチコミされたくない人」でしょうか。

ただ、Googleのクチコミは“自身でやろうがやるまいが勝手にされる”こともあるので、それならばGoogleマイビジネスにオーナー登録をしてクチコミなどに対応・管理する立場になった方が得ではないですか?

“実店舗がありつつ集客を考えているローカルビジネス経営者”は絶対にGoogleマイビジネスを登録すべきです。そもそも無料ですからね。

目次

Googleマイビジネスとは?

インターネットでGoogleを使って周辺のおすすめ飲食店やサービスを調べたとき、検索結果に表示される企業や店舗の基本情報、グーグルマップ、写真、口コミなどがGoogleマイビジネス(の一環)です。

すなわちGoogleマイビジネスにオーナー登録をして正しい情報を継続更新していれば、Googleで検索した人にローカルビジネスの魅力を発信することができるというわけです。とにかく企業・店舗の露出を増やし、閲覧者数の母数を増やすことがひいては集客につながっていきます。更新はすべて管理画面から行うことができます。

グーグルマイビジネス管理画面のスクリーンショット
Googleマイビジネス管理画面

こまめな更新作業でも大変に感じるかもしれません。
でも大変に感じるからこそ、競合他社はやっていない可能性も高い。

「人の3倍努力しろ」なんて昔はよく言われましたが、人の1.2倍くらいの作業で企業や店舗の集客ができるなら万々歳ではないですか?

初回登録してしまえば、日々の更新なんて数分で終わりますから。

Googleマイビジネスでは、何ができる?

Googleマイビジネスで“できること”を端的にまとめるとこんな感じです。

  • 店舗外観や内観、商品などの写真を投稿できる
  • ナレッジパネルに企業・店舗の基本情報を掲載できる
  • Googleマップ上に企業・店舗の基本情報を正確に掲載できる
  • イベントや最新情報を告知できる
  • クチコミの管理および返信ができる
  • シンプルなGoogleウェブサイトを作成できる
  • 閲覧者数やルート検索数、電話をかけた数などの簡単解析ができる

Googleマイビジネスのメリットを3個くらい書こうかな…と思っていましたが7個になりました。
これまで数多くのGoogleマイビジネスを管理してきた中で体感した7個なので間違いないかなと思います。

では、ここからGoogleマイビジネスで“できること”を掘り下げていくのですが、分かりやすい事例のために当社の系列である、街のうどん屋さん「かばのおうどん 横浜元町本店」を例に挙げてご説明いたします。

店舗外観や内観、商品などの写真を投稿できる

TwitterやFacebook、InstagramといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、もうすぐ終焉すると言われて久しいですが、まだまだメジャーなSNSは隆盛を極めています。そしてSNSとスマートフォンの台頭により、人は文字を読む文化から“文字を見る文化”に移行したとも言われています。特に若年層世代ですね。

単純に初めての商品やサービスに触れるとき、視覚に訴える写真や動画は非常に効果的です。ましてや、“文字を見る”ようになったことで一目瞭然で訴えかける写真や動画を充実させることは集客にとって重要なこと。

Googleマイビジネスでも、企業や店舗の外観、内観、商品、メニューなどの写真を自由に投稿することができるのでフル活用しましょう。さらに良いことに、店舗を利用したお客様も同様に投稿できるので写真はより充実していきます。

店舗側が一方的に掲載する写真は、どうしても“いいところ”しか載せないため、お客様が投稿する写真は“リアルな声”と言えます。

ナレッジパネルに企業・店舗の基本情報を掲載できる

そもそも“ナレッジパネル”とは何でしょう?

(パソコン)Googleのナレッジパネルのスクリーンキャプチャ
(パソコン)Googleのナレッジパネル

Googleで特定の企業・店舗を検索した際、パソコンなら画面右側、スマートフォンなら1番上に表示されるエリアが「ナレッジパネル」です。呼び方は何通りかあります。

このナレッジパネルは非常に重要で、店舗の情報や公式ホームページへのリンク、アクセスマップ、最新情報、問い合わせボタンなど必要最低限の情報がそこで完結してしまうほど。

ただし、そのためには正しい情報を登録して、変更があれば随時更新する必要があります。
手間に思うかもしれません。


でもだからこそ、そこに勝機があるんです!

効果を出すには手間をかける必要がある。

手間だからこそやらない人が多い。

そこで自分だけが継続すれば競合他社を出し抜ける。という可能性が高くなります。

そもそも無料です。
更新作業が1回数分の“時間消費”で済むなら、やらない手はないでしょう。

グーグルマップ上に企業・店舗の基本情報を正確に掲載できる

Googleマイビジネス情報は、自分で登録していなくても勝手に登録されていることもあります。食べログとかもそうですね。

勝手に登録されている場合は「(この店舗は自分の店ですと申請する)オーナー登録」をして自己管理下に置くことを強烈におすすめします。そうでないと、閲覧者が勝手に情報を変更できたりするので。

グーグルマップなどのツールは非常に便利なものですが(グーグルマップなどの台頭で紙の地図が売れなくなっているとか…)、自動的なツールのため、住所と違う場所を指すときもあります。私の経験上、ちょこちょこあります。

(パソコン)Googleのナレッジパネルのスクリーンキャプチャ
(パソコン)店舗詳細が表示されるナレッジパネル

オーナー登録できていれば、グーグルマップ上に表示される情報も管理・修正することができます。

パソコンでもタブレットでもスマートフォンでも、Googleで店舗名検索をすると上部に表示されるので設定すべき項目です。

イベントや最新情報を告知できる

最新の情報だったり開催予定のイベントだったり、そういった季節感・限定感のある情報を発信することもできます。

(スマホ)Googleの検索結果画面キャプチャ
(スマホ)Googleの検索結果画面

↑緑枠の部分をタップ(クリック)すると、さらに詳細画面が表示されます。

2020年は特に、新型コロナウィルスの影響で、ほとんどの企業・店舗の営業に支障が出たと思います。営業時間の変更や利用方法の変更など、私が担当するお客様の中でも日々の最新情報は目まぐるしく変わっていました。

例えば「かばのおうどん」に行きたい!と思って、Googleで店舗の営業時間を調べてみたとします。
一番上に表示されている営業時間が「11:00~オープン」となっていたら、ほぼ誰もが営業していると思いますよね?

でもあの部分は、リアルタイムな情報ではなく登録している店舗の営業時間が表示されているだけです。基本的には。
なので実際には臨時休業をしていたとしても営業中と表示されてしまいます。
休業を知らずにお店にやってきてしまった人の中には今後離れてしまう人もいるかもしれません。

もしそこで、臨時休業や営業時間の変更を更新して反映していれば…。

最新の正しい情報を更新しておくことは、お客さんにとっても親切ですし、そもそも店舗の信頼感につながります。
リアルタイムに情報発信を行えるツールとして活用できるのも大きなメリットです。

クチコミの管理および返信ができる

Googleにはマップと連動したクチコミがあります。
これは企業・店舗の評判を客観的に拡散してくれる面がある一方、実際に利用したことがない人も投稿できたり、罵詈雑言・根も葉もないことを投稿できたりするほど投稿のハードルは低いです。

Googleへのクチコミ画面キャプチャ
Googleマイビジネスの「クチコミ」返信機能

しかも企業・店舗の意向に関係なく投稿されるため嫌な人にとってはすごく嫌なツールかもしれません。
がしかし、抗えないのであれば、もはや利用してしまいしょう。

どうするかというと、クチコミ投稿にすべて返信することです。

Googleのクチコミ機能キャプチャ
クチコミに返信すると効果的

良い意見だったら感謝の意を伝え再訪を促し、悪い意見だったら意見の提供に感謝し改善を表明する。
クチコミをしてくれた人に対するアピールもありますが、クチコミを見ている人へのアピールにもつながります。

「うどんを注文してから20分も待った」「水がなかなか出てこなかった」みたいなクチコミがあれば、「この度はご利用いただきありがとうございました。ピークとはいえ、遅れる旨を一言お伝えすべきでした。スタッフ間で共有して改善しますので、また是非ご利用下さいませ!」みたいな返信があれば、簡単な経緯というか背景も他の閲覧者に伝わりますから。

企業・店舗への悪い意見は、“無料のご意見箱”と割り切って受け止めて改善につなげましょう。
事実と異なる投稿や誹謗中傷の域に達している投稿は、その投稿欄からGoogleに報告ができるので万一の際は報告して下さい。

シンプルなGoogleウェブサイトを作成できる

Googleマイビジネスでは、登録した情報や投稿した最新情報がそのまま反映されるシンプルなウェブサイトを作成することができます。

Googleマイビジネスで作成できるウェブサイトのキャプチャ
Googleマイビジネスで作成できるウェブサイト

無料のまま使用することもできますし、起業・店舗独自のドメイン(〇〇.comとか)も有料オプションで設定できます。

最新情報についてもGoogleマイビジネスで投稿したものが自動反映されるため、「このウェブサイトを更新する」という作業は発生しません。無料です。やって損はありません!

閲覧者数やルート検索数、電話をかけた数などの簡単解析ができる

Googleマイビジネスの管理画面に「ホーム」と「インサイト」というものがあります。

Googleマイビジネスのインサイト画面キャプチャ
Googleマイビジネス管理画面の「インサイト」機能


「ホーム」は管理画面のトップページのことで、全体的な概要が表示されています。「パフォーマンス」エリアでは、このGoogleマイビジネスで設定したナレッジパネルの閲覧数や検索数などが確認できます。

また「インサイト」では、より掘り下げた数字をチェックすることができます。

  • 「どういうキーワードで検索したのか」
  • 「グーグルマップではどれくらい閲覧されたのか」
  • 「何人が公式サイトに飛んだのか」
  • 「何人がそこから店舗へ電話したのか」
  • 「どれだけの写真が閲覧されたのか」

などなど。
これだけの情報を数値化できたら、キーワードの傾向や閲覧数の多い写真の傾向など、いろいろ改善できることがあります。

他にも、Googleマイビジネスではメッセージの送受信や予約など、紹介しきれない&効果的な機能がいくつかあります。
ぜひ試しにでもいいのでやってみて下さい。

Googleマイビジネスまとめ

何度も言います。Googleマイビジネスは無料です。
活用できるものは、とことん活用しましょう。

企業・店舗の名前で直接検索してくる検索者は、「すでに御社の存在を知っている人」です。
ホームページの強みは「存在を知らない人に訴求すること」でもあります。

「かばのおうどん 横浜元町本店」という正式名称で検索に引っかかることも重要ですが、もっと重要なことは「横浜 うどん屋」などの抽象的な検索方法に引っかかることです。

インターネット検索に積極的に引っかかるためのツールの1つとして、Googleマイビジネスはフル活用しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる